一度食生活を見直してみよう

ほうれい線を予防、改善しようと思う方は、まずは普段の食生活を見直してみましょう。

ほうれい線やしわに効く食材や、栄養素をご紹介します。

これらを普段からこまめに摂るように心がければ、ほうれい線のできにくいお肌を手に入れることができます。


コラーゲン:
体内のコラーゲンは、年齢とともに徐々に減少します。
コラーゲンには保湿作用があり、コラーゲンが減ると、肌の乾燥につながります。
コラーゲンを多く含む食材は、牛すじ肉、手羽先、ふかひれ、鮭、うなぎ、ゼリーなどです。
鍋などでスープや煮こごりも一緒に食べると、より効率よくコラーゲンを摂ることができます。


ビタミンC:
ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける働きがあるので、コラーゲンと一緒に摂る必要があります。
ビタミンCは紫外線対策にも効きます。紫外線は、肌を乾燥させたり肌の奥深くで細胞を破壊することでしわを作る原因となります。紫外線対策をすることも、ほうれい線対策につながります。
そのほかに、ビタミンCは抗酸化作用もありますので、肌の老化を防いでくれます。
ビタミンCを多く含む食材は、いちご、アセロラ、レモン、さつまいも、ブロッコリーなどです。
ビタミンCは水溶性のため、一度にたくさんとっても排出されてしまいます。
体に蓄えにくいので、何度かにわけてこまめに摂り続けることが大切です。

たんぱく質:
たんぱく質は、新陳代謝を促進し、肌の乾燥を防ぎます。
そもそも肌の主成分はたんぱく質で、コラーゲンなどもたんぱく質の一種です。
たんぱく質によって肌のハリや弾力が作られているので、良質のたんぱく質を摂ることは美肌やほうれい線対策につながります。
たんぱく質を多く含む食材は、たまご、ヨーグルト、チーズ、鶏のささ身、まぐろ、かつおなどです。

ここで注意していただきたいことがあります。コラーゲンや、ビタミンC、たんぱく質は決してサプリメントのみで摂ることはやめましょう。

なぜなら、サプリメントは機械により、食材に含まれているものよりも数十倍に濃縮しています。
人間の体に高濃度の栄養素を入れると、拒否反応をお越し、悪影響を及ぼす可能性があるからです。

食材から栄養を少しずつ摂るということはそういう意味があります。

薬も大量摂取すると毒に変わりますよね。

ただ、サプリメントを全面的に否定しているわけではありません。

食材からなかなか摂りきれない栄養素もあるからです。

あくまでサプリメントはメインにとるのではなく、
補助的な役割であることを認識しておく必要があります。
posted by hourei at 12:27 | Comment(0) | ほうれい線を消す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。