こういう方がほうれい線ができやすいといえる?

そもそもほうれい線はできやすい人とできにくい人がいるそうです。

それはどういう人なのかご紹介していきます。


ほうれい線は実は生まれたての赤ちゃんにもあります。

ほうれい線ができる原因は加齢のせいだけではなく、骨格や筋肉の付き方、生まれつきの肌質も関係しているそうです。

ほうれい線ができやすいタイプの顔立ちはというと、
あごが細長くて、背が小さくきゃしゃ体型、さらにたれ目な顔だそうです。

ほうれい線が目立つ人の多くは痩せていて、太っている方には少ないそうです。
なぜなら太っている人はお肉がたくさん体にあるため、お肌は常に張った状態です。

ですので、ほうれい線はできずらく、目立ちにくいといえるでしょう。

また、頬肉の多い方にも、年齢とともにほうれい線が目立ちやすくなる傾向があるようです。

これは、骨格のせいというよりは頬に脂肪が多めだと、重力に負けて垂れ下がってきた時に頬の下に影を作りやすいためです。

ほうれい線ができやすい肌質は、なんといっても乾燥肌です。

乾燥肌だと、ほうれい線だけではなく、しわもできやすくなってしまいます。
肌が乾燥していると、紫外線やホコリ、様々な外的刺激を受けやすくなるので、深くダメージを受けて、深いほうれい線やシワになってしまい、それが回復できないまま残ってしまいます。

しかし、こういった生まれつきもったほうれい線のできやすい骨格や肌質を持ったそれでも、ケアをすることによってだいぶ、見た目は改善できますので安心してください。

もし自分がほうれい線のできやすいタイプだと思われる方は、あきらめずにまずは、乾燥肌にならないように保湿をしっかりやるところからはじめましょう。

きちんとケアをすれば、ほうれい線ができにくいタイプの方と同じくらいにほうれい線を目立たなくすることはできます。
posted by hourei at 11:53 | Comment(0) | ほうれい線ができやすい人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。