ほうれい線でお役に立ちそうなリンクを集めてみました。

ほうれい線を改善するための化粧品や美顔器の紹介やほうれい線を消す方法について【ほうれい線を消す方法】

ほうれい線を消す方法@ナビ
ほうれい線を消す方法に関する情報をご紹介ほうれい線を消す方法に関する情報をご紹介

男の「脱・ほうれい線」宣言
ほうれい線のない、若々しい顔をいつまでも。ほうれい線を消したい男性をフルサポート!

ほうれい線 消す
美容整形・プチ整形ナシ!自宅でカンタンにほうれい線を消す方法とともに、美白までできちゃう方法を紹介します。シミ、シワと並んで加齢とともに目立ってくる豊麗線。豊齢線のせいで、実年齢よりも5歳年上に見られることも!?法令線を効果的になくすために、一番おすすめの美顔器、スキンケア、洗顔方法について紹介します!

ほうれい線の原因・予防・目立たなくする方法
ほうれい線の予防や、ほうれい線の消し方について

ほうれい線解消NAVI -その原因と消す方法-
ほうれい線でお悩みの方必見!ほうれい線の解消方法・ほうれい線を消すための効果的な体操、原因など情報満載!

ほうれい線を改善
口元のほうれい線を解消して見た目を10歳若返らせるための秘訣を紹介 

ほうれい線サプリ
たるみとシワが私の悩みのタネでした。

ほうれい線 消す
誰もが気になる、ほうれい線の消し方を紹介しています。有効な対処法でほうれい線を消す努力をしてみてはいかがでしょうか。アンチエイジング料理なども紹介しています。

自宅で簡単にほうれい線を消すマッサージ
ほうれい線を消すマッサージについて。お金を使わず自宅ケアだけで目立たなく、ほうれい線を消すことは可能です。「ほうれい線のせいで、10歳も老けて見られた」「自分で見ても顔が老けてきたと痛感している」という方へ、お役に立つ情報が満載です。 
posted by hourei at 08:04 | Comment(0) | リンク集2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一度食生活を見直してみよう

ほうれい線を予防、改善しようと思う方は、まずは普段の食生活を見直してみましょう。

ほうれい線やしわに効く食材や、栄養素をご紹介します。

これらを普段からこまめに摂るように心がければ、ほうれい線のできにくいお肌を手に入れることができます。


コラーゲン:
体内のコラーゲンは、年齢とともに徐々に減少します。
コラーゲンには保湿作用があり、コラーゲンが減ると、肌の乾燥につながります。
コラーゲンを多く含む食材は、牛すじ肉、手羽先、ふかひれ、鮭、うなぎ、ゼリーなどです。
鍋などでスープや煮こごりも一緒に食べると、より効率よくコラーゲンを摂ることができます。


ビタミンC:
ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける働きがあるので、コラーゲンと一緒に摂る必要があります。
ビタミンCは紫外線対策にも効きます。紫外線は、肌を乾燥させたり肌の奥深くで細胞を破壊することでしわを作る原因となります。紫外線対策をすることも、ほうれい線対策につながります。
そのほかに、ビタミンCは抗酸化作用もありますので、肌の老化を防いでくれます。
ビタミンCを多く含む食材は、いちご、アセロラ、レモン、さつまいも、ブロッコリーなどです。
ビタミンCは水溶性のため、一度にたくさんとっても排出されてしまいます。
体に蓄えにくいので、何度かにわけてこまめに摂り続けることが大切です。

たんぱく質:
たんぱく質は、新陳代謝を促進し、肌の乾燥を防ぎます。
そもそも肌の主成分はたんぱく質で、コラーゲンなどもたんぱく質の一種です。
たんぱく質によって肌のハリや弾力が作られているので、良質のたんぱく質を摂ることは美肌やほうれい線対策につながります。
たんぱく質を多く含む食材は、たまご、ヨーグルト、チーズ、鶏のささ身、まぐろ、かつおなどです。

ここで注意していただきたいことがあります。コラーゲンや、ビタミンC、たんぱく質は決してサプリメントのみで摂ることはやめましょう。

なぜなら、サプリメントは機械により、食材に含まれているものよりも数十倍に濃縮しています。
人間の体に高濃度の栄養素を入れると、拒否反応をお越し、悪影響を及ぼす可能性があるからです。

食材から栄養を少しずつ摂るということはそういう意味があります。

薬も大量摂取すると毒に変わりますよね。

ただ、サプリメントを全面的に否定しているわけではありません。

食材からなかなか摂りきれない栄養素もあるからです。

あくまでサプリメントはメインにとるのではなく、
補助的な役割であることを認識しておく必要があります。
posted by hourei at 12:27 | Comment(0) | ほうれい線を消す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

正しい洗顔法

ほうれい線が目立っている方、もしかしたら、あなたの毎日のクレンジングや洗顔法は、肌を痛めているかもしれません。

メイクをしっかり落とそうとしてつよくこする
洗浄力の強すぎる洗顔料を使っている

こういった洗顔方法をしている方は直ちにやめて、正しい洗顔法を行ってください。

そうしなければ、ほうれい線があまり目立っていない方も将来的には、実年齢より見た目が5歳くらい上になってしまう恐れがあります。


クレンジングのポイント:
ふき取りコットンのようなタイプではなく、オイルやクリームなどを使います。
目元と口元肌は特にデリケートなので、ごしごしこすらず、なじませるようにして落としましょう。
しっかりメイクでも、じっくりなじませればするりと落ちます。

洗顔のポイント:
ほうれい線が気になる場合は、洗浄力が強すぎる洗顔料はなるべくさけるようにし、やさしく落とす洗顔料を選びましょう。

もし、洗浄力が強すぎる洗顔料がわからなければ、お店の人か販売している企業に問い合わせてもいいでしょう。今はインターネットがありますので、買う前には確認しておきましょう。

できれば洗顔料は固形石鹸のほうがお肌には優しいのでお勧めです。


洗顔料での洗い方:
1.洗顔料をよくあわ立て、細やかな泡を作ります。顔の上であわ立てるのではなく、手のひらでしっかりあわ立ててから顔に泡を乗せます。

2.手で顔をこするのではなく、泡でなでるようなつもりで、円を描くようにしてやさしくゆっくり洗います。

3.丁寧にすすぎ残しのないように、すばやく落とします。ゆすぐときは、水または人肌よりぬるめに感じる程度のお湯がよいです。絶対に熱いお湯は避けてください!!
熱いお湯をつかうと、それだけでいっぺんに乾燥してほうれい線の元になってしまいます。


4.タオルで拭くときは、水を吸い込ませるようにやさしく押さえるようにします。よく上から下へごしごしとこすりつける方がいますが、その拭きかたをすると、普段の重力の何倍もの力で肌を下へ引っ張っていることになり、たるみを招きますので、絶対に下へこすらないように気を付けましょう。

洗顔法では赤ちゃんの肌をまるで自分の肌のように感じ、その肌を大事にあらうようなイメージで洗うことができればベストだと思います。

決してお肌を乱暴に扱うような気持ちで洗うことのないように気を付けましょう!
posted by hourei at 12:11 | Comment(0) | ほうれい線を消す方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。